文房具はシンプルなものがいいです

少子化の時代、どの業界もあの手この手でいろいろなアイディアを凝らしていると思います。小学生の文房具を買いに出かけました。

デザインは自分が小学生のときよりももちろんステキになっているし、色もよく見かけるパステル調です。買いに行ったとき一番気になったところは使い方が簡単かということです。

コンパスを探していたのですが、大きく分けて二つのタイプがありました。描くところがシャープペンシルのような芯のものとエンピツのものです。中心のほうはもちろん針なので、子どもには気をつけて使ってもらわないと算数のお勉強のときにかえって勉強する気を散らすことになってしまいがちです。

描くところが芯だと入れ替えが子どもにとって面倒じゃないかと心配になりました。シャープペンシルならば芯を入れたら自動的に入れ替え終了だけど、コンパスの先の部分はちょっとはじめて使うには難しいと思いました。でもエンピツが完全にいいというわけでもないかな、と思います。エンピツをちょうどいい高さに止められるか、とか、エンピツの先が丸くなったり折れたら一大事だなあ、と思えます。両者にはそれぞれ小学生の子どもが使うにはちょっと不安になるところがあります。

本人の気持ちも聞いて、結局エンピツタイプのほうにしました。芯は専用のものや大きさが決まっていますが、エンピツは家にあるものも使えそうだからです。結局はあれこれデザインが変わったものもありますが、シンプルなものが一番いいと思いました。