アイデアひとつで進化し続ける和食としつこいセルライト

日本独自に発展した食文化の1つとして、お弁当があります。

旦那さんやお子さんの為に、毎日早起きしてお弁当を作っているお母さんも沢山いると思います。

お弁当で定番なのがおにぎりですが、素手で握るのは不衛生だし、手にくっつくのも嫌ですよね。
そんな悩みを解消した新しいおにぎり「おにぎらず」と言う食べ物が流行っていようです。

「おにぎらず」とは正方形の焼海苔の中心に直接ご飯を敷き、その上にお好みの具材を乗せ、またその上からご飯を乗せてサンドイッチ状にしたら、海苔の四隅を中心に向かって折っただけの、日本版ファストフードです。
発祥は1990年代で、漫画「クッキングパパ」だそうです。
何年も前に考案されていたのですが、最近メディアで取り上げられ大変注目されています。

「おにぎらず」は直接握らないで作れるので衛生的だし、見た目もおにぎりより見栄えが良いですよね。

ネーミングも面白く、料理の上手下手も関係ないので、子供から高齢者まで、誰でも簡単にできる所が流行の理由でしょう。

ご飯を酢飯にすると「寿司おにぎらず」に、ハムやチーズを挟むはと「洋風おにぎらず」に、炒飯にすると「中華風おにぎらず」にと、簡単にアレンジできます。

最近はおにぎらず専門の料理本まで出ていて、カラフルな完成写真が食欲をそそります。
まさかおにぎりが進化するとは、思いもよりませんでした。

そして、和食のメリットはこれだけではありません。何よりも体に良いですし、ダイエットにもなります。クーポンを持ってエステにいったりしなくても酵素を自然と取るようになるので、体内の血中濃度や体脂肪率が劇的に変化します。
ただし、食事だけでは限界もあります。ウォーキングをしたり二の腕を細くするためにダンベル体操をしたりといったことも必要でしょう。ヨガに通って汗をかくのも効果的です。友近さんなんかは結構痩せましたがやはりストレッチ運動も併用していたようです。

あと下腹を引っ込めたい方におすすめしたいのは、腹筋運動とTBCなどのエステでセルライトに刺激を与えることです。痩身エステと聞くとお金持ちのマダムがいくイメージを持つかもしれませんが、そんなことはありません。
今は料金もかなり安くなっているので、安心して通うことができます。

外では運動とエステ、家では和食と軽い運動。これで体重や体脂肪をしっかり落としてハッピーな生活を送りたいですね。

文房具はシンプルなものがいいです

少子化の時代、どの業界もあの手この手でいろいろなアイディアを凝らしていると思います。小学生の文房具を買いに出かけました。

デザインは自分が小学生のときよりももちろんステキになっているし、色もよく見かけるパステル調です。買いに行ったとき一番気になったところは使い方が簡単かということです。

コンパスを探していたのですが、大きく分けて二つのタイプがありました。描くところがシャープペンシルのような芯のものとエンピツのものです。中心のほうはもちろん針なので、子どもには気をつけて使ってもらわないと算数のお勉強のときにかえって勉強する気を散らすことになってしまいがちです。

描くところが芯だと入れ替えが子どもにとって面倒じゃないかと心配になりました。シャープペンシルならば芯を入れたら自動的に入れ替え終了だけど、コンパスの先の部分はちょっとはじめて使うには難しいと思いました。でもエンピツが完全にいいというわけでもないかな、と思います。エンピツをちょうどいい高さに止められるか、とか、エンピツの先が丸くなったり折れたら一大事だなあ、と思えます。両者にはそれぞれ小学生の子どもが使うにはちょっと不安になるところがあります。

本人の気持ちも聞いて、結局エンピツタイプのほうにしました。芯は専用のものや大きさが決まっていますが、エンピツは家にあるものも使えそうだからです。結局はあれこれデザインが変わったものもありますが、シンプルなものが一番いいと思いました。

日常を大切に一人楽しく。

今日はとてもいいお天気でした。日頃から来客の多い我が家ですが、今日はのんびりとできそうです。子供たちも大きくなり、休みの日も彼らは彼らの予定で楽しむようになりました。正直に言うと子供達が親から自立して少しずつ離れていくのは寂しい部分もあるのですが、子供達が家族以外の信頼できる仲間と楽しい時間を過ごせていることに安心感と喜びを感じ、子供の成長に幸せを感じる今日このごろ。今日の私はそんな大事な家族たちが我が家で心地よく過ごせるように家の掃除に集中することにしました。

普段はざっと掃除機をかけて終わるお掃除です。今日は古くなったタオルをチクチク手縫いして作った雑巾で入念に床を拭きました。水に浸し、硬く雑巾を絞っていると、気持ちも引き締まります。床じゅうを隅から隅まで綺麗に水拭きし、掃除機では吸い込みきれなかった汚れも綺麗に落とすことができました。最後に窓を開けて、爽やかな空気を家中に流し入れて完了です。

さて綺麗になった部屋で目についたのは薄汚れたカーテンです。勢いに乗ってカーテンもお洗濯してしまいました。リビングのカーテンを全て外し、洗濯機で洗い、軽く脱水したらカーテンレールにセットしてそのまま干します。そよそよと吹く風に揺れるカーテン。今日のように乾燥した爽やかな日なら、あっという間にカーテンも乾いてしまいました。

今日の掃除はこれでおしまい。床とカーテンがこんなに綺麗さっぱりと変身したことに、きっと家族の誰も気づいてくれないでしょう。それでも母はとても幸せな気分になりました。今日はのんびり過ごそうとしていたのですが、やっぱりいつも通りせかせかと動いてしまいました。明日もまた今日のように幸せに満たされれた一日になりますように。

核兵器の使用と規制について

ロシアのプーチン大統領が「ウクライナ問題に際しては、核兵器を使う準備もあった」と発言したことが少し前に話題になりました。
唯一の被爆国である日本は、国際社会において核兵器の軍縮を声高に叫び続けるべきだと思います。

調べてみて分かったのですが、核兵器には、他の化学兵器や生物兵器とは異なり、使用を禁止する条約は現時点では存在しません。
兵器の歴史が浅いため、不文法である国際慣習法としてもまだ成立に至っていません。
しかし、国際連盟の憲章には、「武力行使禁止原則」なるものがあり、当然核兵器もこの禁止対象に含まれるべきです。

ただし、これに従うとするならば、自衛や報復のための使用や、平和と安全に対する脅威に対抗するための使用については許されることになってしまいます。

広島市長が毎年8月6日に出している抗議文の効果も虚しく、アメリカやロシアをはじめとする国々は核兵器を手放そうとしません。
核兵器の規制については、冷戦中1963年に部分的核実験禁止条約(いわゆるPTBT)が採択されました。
アメリカとソ連、イギリスが中心となって大気圏、宇宙空間、水中での核実験を禁止したのですが、フランス、中国は核開発の真っ最中でこの条約に加盟しませんでした。

その後、新たに2つの条約制定において意見がまとまらず未発行となるあいだにも、地下における核実験が頻発しました。
1996年には国連総会において包括的核実験禁止条約(いわゆるCTBT)が採択されましたが、アメリカ、中国という2大国や、インド・パキスタンなど新興核保有国は加盟しませんでした。

現在は、原子力の平和利用に関してIAEAが査察措置を取り、各国にはこれを受け入れる義務があります。
核軍縮には膨大なエネルギーと時間を要するようですが、地球と人類の存続のためにも、1日でも早く核戦争の恐怖の無い世の中になるといいなと思います。

超絶な二日酔いだったのに

昨日はなかなかの気分の悪さで寝込んでいました。原因は単なる二日酔いなのですが、昨日のは久しぶりに激しかったです。気分が悪くて仕方ないので、全く起き上がれなかったのですが、何か食べたいとダメかもと一応重たい体を引きずってコンビにまでは行きました。

家のもので作れないわけはなかったのですが、作る気にもなれず、何故か胃を押さえながらもコンビニに出向くという、わけのわからない行動に出てしまいました。作った方が楽だったのでは?と今は思えるのですが、そのときは何か楽な方向が分からなくなっていました。お腹は空いていなかったのですが、何故か食べないと!と思ってしまったのもおかしな話。気分が悪くて寝込んでいたのに不思議な事です。

コンビニで購入したもの。それもカップ麺のうどんとかソバなら、胃にも優しそうで分かるのに、何故かグラタン。そして牛乳にレトルトのクリームシチュー。何故かそのクリーム関連の商品をやたら買ってしまうという奇行。

まだ酔っていたのかしら私?と思い返せばおかしな購入品。確かにクリーム系は好きなのだけれど・・・。あえて超絶に苦しんでる二日酔いの最中に、そんな濃いものばっかり購入しなくても・・・。しかも家で作れない事もない材料ばっかりだし。わざわざ買いにいって何故グラタン?と謎な気持ちです。帰ってからも苦しみながらグラタンを1時間くらいかけて食べて、胃が多少痛んだのと、気持ち悪さが増したので、また寝込むという悪循環。私、ばかなんですね。

一夜明けて今は完全復活していますが、胃の調子を考えて、とりあえず今朝は中華スープだけで胃を落ち着かせようとしています。中華スープ、美味しい・・。なんで昨日の苦しんでいた時に、このスープを作る事をしなかったのか、本当に不思議で仕方ありません。お酒の飲み過ぎには注意が必要ですね。

あと少しの勇気がなかった…

中学生の頃、同じクラスの男の子のことが好きでした。私の態度は、結構あからさまだったようで、周りの友人やクラスメイトのほとんどが、そのことに気付いていました。

その男の子と同じ班になった時は、飛び上がって喜びました。班が同じだと、給食も掃除、理科の実験などあらゆることを一緒に行ないます。だから、話す機会も増えて、彼のことがますます好きになりました。

そんな時、他のクラスの女子に睨まれたことがあります。その子も、彼のことが好きだったようで、噂が流れて、私のことをわざわざ見に来たそうなのです。今思い出しても、女というのは、たとえ中学生であっても、女なのだと思います。あの時の視線は、本当に怖かったです。

班変えは、確か一学期毎に行なわれていたと思います。彼とたくさん過ごせるのも、あとわずかと思った時、急にさみしくなりました。お喋りをしながら掃除をしたり、くだらないことで笑い合ったりするのも、もう最後という時、彼に自分の気持ちを伝えたいと思いました。

でも、どうやって伝えれば良いかも分からず、拒絶されたら今の関係が崩れてしまうとも思うと、あと少しの勇気が出せませんでした。そして、別々の班になる日が来たのです。

班が変わった日、やっぱり彼がいないと、学校自体も面白くないと思いました。元気も無くなってしまい、友人にも心配を掛けました。

すると、その日の放課後、彼が一緒に帰ろうと誘ってくれたのです。私と彼は、家が近く、しかも学校から遠かったので、かなり長い時間を2人で過ごすことができました。

そして、彼から時々一緒に帰ろうと言ってもらえたのです。私と同じ気持ちでいてくれたのかと思うと、すごく嬉しかったです。

その後は、時間が合えば一緒に帰っていました。たまに寄り道をして、おやつを食べたり、遠回りして帰ったりしていました。でも、それをからかう人もいました。お互いにお年頃だったので、気にし出したら、次第に距離が離れて行きました。元々、付き合っていたのかどうかも分かりませんし、自然な流れだったのかもしれません。

違う高校に進学してからは、もう一切会うこともなくなりました。私に、あと少しの勇気があれば、違った未来があったのかと思うと、後悔もしています。

献血の記念品がショボくなってしまったこと

献血会場も、最近は不況なのかなと思ってしまいました。私は、半ば趣味のような感じで、献血に通っています。世の中に役に立つことができたという満足感に浸り、血を抜いて新たな血を作るというのが、体に良いような気がして、続けています。

以前までは、献血をすると、ボールペンやらお米、お菓子、飲み物などをたくさん貰うことができていました。こんなに持って帰るの大変だと思うくらい、持ち帰っていました。

しかし、最近では飲み物を1〜2個、ドーナツやクッキーを少し貰えるくらいで、記念品は誰かを紹介したら貰えるというようなシステムに変わってしまったようです。

元々が、ボランティア精神で行くものなので、何か欲しくて行くのは間違っていますが、前の豪華さを知っているだけに、少し残念だと感じています。

つい最近も、献血に行って来ました。会社のそばに、献血の車が来ることがあり、勤務時間中に行っても大丈夫とされているので、いつもその機会を利用しています。他の会社の人達も大勢集まっていて、意識の高さに驚くばかりです。

この時に貰った物は、ジュース1本とクッキー、献血前のアクエリアスと絆創膏セットのみでした。あともう少し何かあっても良いのになぁと思ったのが本音です。

苦学生時代があった友人らは、献血のご褒美で生き延びていたりしたので、今後もこういう感じだと、身を削り、時間だけ取られてしまう献血を受けに行く人は、減ってしまうかもしれません。

アイドルにハマってしまった友人

男友達がアイドルにハマっています。AKBのような有名なアイドルではなくて、ファンが存在していることも不思議なくらいのマイナーなアイドルです。名前を聞いて、検索してみましたが、やっぱり分かりませんでした。

週に3回くらい、公演を観に行っており、更に毎回お目当ての子にプレゼントも持って行くそうです。その子も、ブログに自分が好きな物を書いたりしていて、完全に狙っていると思いました。

私の友達は、すごく稼ぎがあるという訳でも、余裕があるという訳でもありません。だから、そんなにアイドルにつぎ込んでしまっていては、いつか破産するのではないかと思います。

でも、彼に心配するようなことを言うと、彼女達がいるから、仕事も頑張れるんだと言うのです。仕事を頑張れなかったら、お金も稼げないので、正しい使い方をしていると思っているそうです。

他人の趣味や生き甲斐に、私がとやかく口出しをする資格なんてありません。でも、その分貯めておけば良いのにと思うと、見ていられないのです。

一刻も早く目を覚まして欲しいのですが、なかなか難しそうな気もします。アイドルは、恋愛禁止と言われていますが、それが表沙汰になっても、結局ファンは戻ってきます。ここまで来ると、もはや腐れ縁のようなものです。

他にもっと没頭できるものを見つけない限り、彼はしばらくこのままかもしれませんが、友人として見守って行きたいと思います。心配は尽きませんが、私ができることは、見守ることしかないでしょう。

元彼に戻るのはダメ!!

前々から、「子供が欲しい」、「早く結婚をしたい!」と言っている友人が、ある日突然、新しい人を探すのではなく、今すでに出会っている人達の中から選ぶことにしたと言い出しました。新しく出会う人は、また一から始めないといけないので、面倒臭いそうです。

今出会っている人の中に、そういう気持ちになれる人がいるのであれば、その方が良いと思いました。確かに、また最初からスタートするというのは、かなり体力のいる話です。

よくよく話を聞いてみると、目星は付いているそうなのですが、聞けば聞くほど望みは薄そうでした。元彼にあたる人で、今では友達関係が続いています。でも、その元彼には新しい彼女ができたようで、一度は諦めたものの、彼女とは上手く行っていないし、そもそも好きではないと言っていたようなのです。

もし、それが全て事実だったとしても、元カノにそんなことを言ってしまうような男とくっつくのはやめて欲しいと思いました。今の彼女に対しても相当失礼ですし、友達関係であっても、元カノにそんな風に言うのも間違っています。

自分が彼女や元カノの立場だったとしたら、自分が好きになった人がそういう失礼な発言をするなんて考えたくもありません。

最初は、その彼のことは印象良く思っていましたが、本当のところは何を考えているか分からないので、やっぱりもっとちゃんとした人を選んで欲しいです。一度、何らかの理由があって別れた人は、ダメだと改めて感じました。

台無しになってしまった誕生日

産後間もない友人が、誕生日に外食をしたいと旦那さんに申し出ました。私も、出産経験があるので、そういう気持ちはよく分かります。

旦那さんも、お店を探して予約してくれたようなのですが、そのお店が最悪だったそうです。乳児が一緒だというのに、若者達がワイワイ飲み会をするような雰囲気で、たばこ臭く、個室もなく、もちろんオムツ替えができるようなスペースもなかったそうです。

だから、お店に入った瞬間、友人はあからさまに不機嫌になりました。その様子を見た旦那さんは、せっかくお店を探して予約して、ケーキまで出してもらったのに、一切喜ばなかったことに対して怒ったのです。

どんなに変なお店を予約したとしても、用意をしてくれたことに対しては、感謝の気持ちを伝えるべきだったとも思います。旦那さんも、何が悪かったのかを反省するべきだとも思うので、どっちもどっちという感じですが、子供を連れているのですから、2人とも子供のことを第一に考えるべきです。

こういった些細な行き違いがあるので、産後間もない夫婦というのは、喧嘩が多いのだと思います。産後というのは、女性は何かとデリケートになっていますし、慣れない育児でてんやわんやしています。一番頼れるはずの旦那さんに理解してもらえないと、悲しくなるのは当然です。

我が家も、産後は喧嘩ばかりでした。夫婦の歩み寄りというのは、大事なんだと感じました。その後、仲直りはしたそうなので、安心しましたが、今後も色々なことで喧嘩することでしょう。子供のためにも、仲良くして欲しいです。